アポ記録

人見知りJDちゃんに苦戦【アポ負け】

11月アポ記録

びっくりするくらいの人見知りガール

人見知りJDちゃんアポ負け

アポ負け。序盤なかなか和みきれず諦めかける…。場所変えて雰囲気も変わり盛り返すも、時すでに遅し。楽しかったけど、疲れた。

渋谷でバンゲしたJDアポ。

・20才
・うか値6
・めちゃくちゃ人見知り

可愛かった記憶はあったけど会ってみたら、結構可愛い。バンゲした自分を褒めつつよく行くカフェへ。

ラインで自分のことを、かなりの人見知り。と言っていたけど、実際会って喋ってみると、ホントにそのとおり。

目をみてくれない。質問してもそんなに話してくれない。こっちへの質問はなし。笑ってはくれるけど、目が笑ってない。などなど、もうぜっんぜん和めない。

僕自身人見知りだし、ある程度の人見知りは予想してたけど、想像以上。

1時間半程度盛り上げようと努力するも、ほんの少しだけ。

トイレに行って「これ無理じゃね?」と、諦めかけるも、「できる。できない。じゃなく、どうすればできるのか?を考える」を思い出す。

気合入れなおして、質問攻めにはならないように自己開示多めにトークを続ける。が、きびしい、、。

「そろそり人見知りしなくなったでしょ?」「いや、してる」「人見知り度10がマックスだとしたらどれくらい」「んー、、9」2時間近く話してこれ。

元彼のときも3~5回デートしてやっと慣れてきた。1、2回のデートは人見知り度10くらいだった。とのこと。ぐぬぬ、、。

同じお店に長くいてもなので、あまり和めずだけどカフェを出る。とりあえずまだ時間があるか聞いて、ダメなら解散しようと聞いてみると、大丈夫。とのことなので、いろいろ提案しつつ最終的にはカラオケへ。これがわりと正解だった。

場所が変わったおかげか、雰囲気も変わって、徐々に空気も和やかに。一緒にデュエットしたり、一緒に子供のころにやるような手遊びをしたり、とにかく自分が楽しみつつ、相手を楽しませるように。そのうちカフェでは見れなかった笑顔が見れるようになる。

そこから徐々に体の距離も近づけていき抱き寄せやハグまではいけたもののキスはグダ。楽しい雰囲気はそのまま。が、ここまでくるのに時間使いすぎた。

相手の終電も近くなり、カラオケ退店。最後の悪あがきで「朝まで一緒にいよう!」と、しばらく交渉するもあえなく撃沈して負け。

「こんなに喋りやすい人はじめて」と言ってくれたものの、所詮そこまで。基本準即できなかったら諦めるけど、食いつきも残ってるっぽいし、またデートできたらします。彼女にするなら間違いなくこういう子がいい。

●メモ
・場所を変えることで雰囲気が変わることがある。なかなか和めないときは早めに場所を変えることもありかも。